サミット・警戒すべきは・・・

昨日の朝の夢ではなぜか欽ちゃんが出てきた、脈絡もなく。
欽ちゃんがやっている、骨董屋風の店について行ったら、ある部屋は壁中がインドの細工が施されていた。

そして今朝の夢の中では、まず前職のマーケティングのイベント。
ステージ上は、まるでオペラの舞台のように装飾されている。
それを見て「何億もかければ誰でもできるよな」とイヤミを言うワシがいた。

そのあとは、最初に勤めたPR会社から仕事を請け負う内容の夢。

それはまあ、今月のサミット仕事がまさしくそういうことなので、正夢というかなんというか・・・・。


で、そのサミットだが、土曜の夜のテレ朝は池上彰の番組で特集していたが、伊勢志摩自体は島なので、橋のところでしっかり警備しておけばそれほど危なくはない。(だから警備しやすいこの場所を開催地に選んだ)

週末、陸自の人と話す機会があったのでサミットのテロ警戒について聞いたのだが、やや予想外の話が聞けた。

サミット会場よりも東京というか、むしろ20-30万人程度の中規模都市の警戒が必要とのこと。

ISにしてみれば、サミット会期中に日本のどこでもいいから爆発させて犯行声明を出すことが成果とみなされるということ。
言われてみれば、確かにその通りだ。

というわけで、来週の特に後半は、伊勢志摩以外の地方都市の方々は要注意!!

と言っても何に注意をすれば?と聞かれたら、うーん、人込みに不用意に近づかず、必要以上に長くいないとか。

万が一近くで爆発が起きたら、その瞬間は頭を反対側にしてうつぶせになり、耳に両手を当てて口は開けておく。
そうすれば鼓膜を守ることができる。

ただ、普段から訓練していないとちょっと難しいかな??