次はライブに向け

信州ソフィアのゴルフも終わったので、次はいよいよ11月のライブに照準を定めよう。

曲はだいたい抑えた感じなので、あとは家で毎日少しでもドラムをたたくようにしている。外にはどれぐらい聞こえているかわからないが、まあ大丈夫でしょう。

 

今日は、暑くもなくちょうどよい天気だったので、庭で2時間ぐらいテレワーク。

虫もまあ少なくて、快適に仕事ができた。

 

来週は、後半に上京し、金曜の夜はスタジオ入り。

 

ゴルフも年内、一度リベンジしたいなあと思うのではあるが、そういうタイミングがあるかどうか・・・。

庭でテレワーク

 

信州ソフィア会終了

先週の土日は信州ソフィア会に参加。

100人弱かなあと思ったら、渡された名簿を見たら、なんと160名。

信州関係者だけでなく、全国からも参加者多数とのこと。

初日は、元松本市長で現松本大学長の菅谷昭さんの講演など。

最初はだれも知り合いがいなくて、どうかなあと思っていたが、徐々に話しかけていって、結果的にたくさんの良い出会いがあった。5年ほど前に2年間大学で働いていたこともあったので、その時の仲間とも久々に交流できた。菅谷さんとも直接話すことができ、多少のアピールもできた。

もう一つの講演は、「スペインのハポンさん」というタイトルの映像に関する講演。

なんのことかなあと思っていたら、スペインはセビージャ(セビリア)の近くに、コリアデルリオという町があり、そこにはなんとハポン(日本)という姓の人が600人以上いるらしい。それはなんと400年前の、支倉常長率いる慶長使節団の日本人との混血の末裔という話。DNA鑑定も試みたそうだが、さすがに400年経っていると難しいらしい。

この話を聞いて、思わず近いうちに行ってみたいと思った。彼らは、ハポン(日本)姓を誇りに思ってくれているとのこと。スペインは行ったことがなかった(メキシコはある)が、行く目的ができた。

 

二日目はゴルフ。それなりに練習したし、パットは家で練習したのだが、結果は57/54の111と散々だった。特に何が悪かったわけではないが、やはりパットかなあ。

先月の穂高カントリーは左打パターで自滅。今回は、家の練習が、なんというかグリーンが早すぎて、その感覚が残っていて5メートル以内のショートパットがすべてショートしてしまった。ロングパットはまあまあだったが。まあ、また一からやり直そう。

 

ということで、次は11月に向けてバンドモードになろう。

懇親会のオープニングは鈴木メソッドの演奏

 

ああ、MVPよ!

メジャーリーグでは、大谷とアーロン・ジャッジの熾烈なMVP争いが続いている。

ジャッジはついに60号。前から好きなバッターではあったが、あまりの量産に、筋肉増強剤か何かあるのではと薄々思っていた。大谷はみんなに愛されるとはいえ、しょせんジャパニーズ。人種差別というのはアメリカではとてつもなく根強いのだ。

そうしたら、今日どこかで見かけたが、アメリカの統計で、ジャッジに投げた球の約650球が真ん中に投げられていたのが判明したとか。

「ジャッジにホームランを打たせろ」という天の声がなんらかの形で各チームに届いていたのかもしれない。

もしそうだとしても、全然おどろかない。

ウクライナ戦争については、もっと闇の深い天の声があるわけだから。

 

しかし、大谷のやることには微塵のゆらぎもないだろう。

一つだけ心配なのは、さりげなく巧妙な怪我工作が実行されること。

それだけは、見たくない。

 

 

八面大王

連休最後の月曜は、朝はあまり走る気分でもなかったので、週末のコンペに向けて早朝打ちっぱなしへ行った。しかし、ボールは相変わらず見えず。

 

そして、10時過ぎには、ずっと気になっていた有明山神社の近くの、八面大王がこもったとされる、魏志鬼の岩窟へ向かった。神社に車を止めて歩いて向かったのだが、途中で道がなくなってしまった。困ったなあと思ったらおばさんが出てきたので道を聞いたら、「藪の中を通るけど、行きますか?」とのことなので、付いていったら本当に道なき道だった。ほどなく洞窟に到着したが、おばさんは「この先に畑でも?」と聞いたら藪を歩くのが趣味とのことで、自分みたいに変わった人はいるものだなあと思った。

ここに行くには、神社の近くの蕎麦屋さんの上のお寺の右側の山道を進めばたどりつくことがわかった。

 

あとは、庭でゴルフのアプローチの練習をしたり、ドラム練習などをして過ごした。

 

とりあえず今週末に、大学の信州の会があり、二日目の日曜にはオプションのゴルフコンペに参加するので、まず目標はそれかな。

 

バンドの方は、曲の研究がほぼ終わったので、あとは練習あるのみ。

それから、集客もしなければならない。

八面大王がこもった洞窟

 

戻ってきた

金曜の朝は、5時間睡眠でなんとか起き、ゴミ出しもして会社へ行った。

昼からはランチ部会で銀座1丁目へ。酒好きの上司なので昼からワイン。

その間に、得意先から電話もあり、かなりバタバタした。

 

東京から新宿に出て、夕方のあずさに乗った。

電車の中でも仕事をして、まあなんとか無事に連休に突入。

 

土曜は朝4時ぐらいに目が覚め、5時過ぎからランニング。

結構ハードな一週間だったが、我ながら元気だなあと思った。

 

そして9時からは、町内会のしめ縄づくりに参加。

その時に、常会長から来年の会長を頼まれ一応受けて帰宅したのだが、嫁に猛烈に怒られた。なぜかというと、自分は月に一度上京するので、その間の役割は嫁がすることになる。しかし、来年は娘の高校の役員もやる番なので、無理ということ。

 

仕方ないのですぐに会長宅へ行き、お断りをした。かなりねばられたが、なんとか拒否した。

 

午後は、例によってバーベキュー。

 

今日日曜は、久々にプログラム学習。

 

ということで、明日もう一日ゆっくりできる。

わかりにくいけどしめ縄づくり

 

初バンド練習

昨日は11月のライブに向けての初スタジオ。

ベースがなんと本番でれなくなり、サイドギターで初参加の田中君が急遽ベースに挑戦。最初こそぎこちなかったが、最後の方はたいぶ形になってきた。

といいながら、自分のドラムもかなりぎこちなかったが。

この閉塞感のある状況で、こういう活動ができるのはいいね。

今週は仕事でもいろいろとあった。

まあでも、なんとか乗り越えられただろうか・・。

 

さて、松本は近い。

 

初スタジオ練習でした

 

一周忌終了

土曜に母の一周忌が無事終了。

最近サルは出ていたが、ベランダに吊るしてある鉢からなんと蛇が出てきて、みんなびっくり。妻は、「あれはお母さんではないか」と言っていた。そうなのかもしれない。

 

日曜は、ゲストの会長さんを松本に送りつつ、20年ぶりぐらいに松本城を訪れた。

来週に連休を控えているせいか、人出はそれほどでもなく助かった。

ゲストを空港に送り、自分も松本駅から横浜に向かった。

もう30度を下回っており、「夏はあっという間に終わったんだなあ」と実感。

 

さて、今週は出社ベースで頑張ろうといいつつ、今日は同期飲み会。

鉢の左側に蛇が鎌首を持ち上げているよ