2024-01-01から1年間の記事一覧

水原氏のこと

一応大谷選手サイドの疑惑(送金した等)は晴れ、一斉に水原氏の袋叩きモードとなった。しかし、どういうわけか彼への同情を禁じ得ない。ある有名人は「万死に値する」とコメントしたようで、ギャンブル依存の団体等から撤回要請が入っているようだ。 満願寺…

拉致問題解決法

これは自分の考えではなく、最近読んだ吉本隆明のインタビュー集に載っていたもの。 「解決方法は一つしかないんですよ。それは何かというと、首相が先頭になって閣僚を連れて行って、協議会合を公式に開いて条約を結んで、帰りたい人は自由に帰れるし、残り…

プチ花見

土曜の夜は、地域の町内会の会合。これがあると、休んだ気にならないんだよな。 日曜も回覧版の手配と回し。 ついでに班長のおじさんと立ち話。ジャズバンドをかなり積極的にやっているらしいのだが、2つのバンドとも、ドラマーは足りているとのことで、そ…

松山予選落ちか?

今朝は5時過ぎに目が覚めるも、なんとなく体が重く、走りに出る気分ではなかったので、朝風呂に入りその後マスターズをテレビで観戦。 松山は耐えに耐えるという内容で4オーバー。 最終ホールのティーショットを左に曲げ、寄せワン勝負という感じだった。 …

OJシンプソンの思い出

サラリーマンを一度辞めてアメリカにゴルフをしに行ったのが1994年。30年前の季節は今頃だったかな? ゴルフ場内にあるコンドミニアムに4人で住んでいた。テレビを付けると毎日のようにOJシンプソンの裁判が放送されていた。 「このおっさん誰だろう?」とい…

ふるさと納税って

ふるさと納税は、まわりでやっている人はたくさんいるだろう。 2020組織委員会解散後、その関連会社に転職した人もいる。 我が家はというと。 自分たちが住む以外のところに納税するのがどうもピンとこないのでやったことはない。まして、好き好んで移住…

テレビで映画

今週は、月・火と13時からのBS映画を観た。 昨日は「エアフォースワン」、今日は「アフュー・グッドメン」。 エアフォースワンに何であんなに大勢のロシアテロリストが乗り込めたのか全く謎というか荒唐無稽な設定ではあったが、まあ面白かった。 アフューグ…

週末雑感

金曜夜の、日ハムx西武12回サヨナラは嬉しかったな。その後の2日はダメだったが・・。一応まだ勝率五割は保っている。 土曜はハーフリベンジしようと思ったが、前日10:30まで野球見ながら飲んでたので、軽めのランニングにしておいた。 夜は、地域…

3月読書と週末雑感

3月 24.守護霊/ 江原啓之 25.絶対モーツァルト法/ 篠原佳年 26.霊界通信/ 陳又津 27.絶滅する「墓」/ 鵜飼秀徳 28.ケガをしないカラダづくり/ 広瀬統一、泉重樹他 29.若きウェルテルの悩み/ ゲーテ 25.のモーツァルトを読んでから先日…

今日の大谷会見を見て

こんな状況でも落ち着いて会見をリードしていた大谷選手はさすがという感じ。 一番大きな争点は、一平氏が大谷の口座から勝手に送金したという部分。とういことは、普段からパスワード等は渡していたということか? あの内容だとすべてを一平氏が被ることに…

快挙!尊富士

昨日負けた後の様子を見ていたら、これは足の骨が折れてるな、もしくはアキレス腱断裂とか、と思っていた。 休場必至かと思われたが、なんと出てきて、豪の山と堂々と相撲を取って、ついに110年振りの快挙となった。なんという精神力。 今週は大谷、水原問題…

なぞが深まる水原問題

相変わらず憶測記事は多いが、MLBが本格調査に乗り出すようなので、その結果を待つしかないな。 大谷はアメリカに戻り、淡々と試合をこなすことになるだろう。最悪の場合、無期限の出場停止という可能性もあるようだが、それも正式な調査結果次第ということ…

110年振り

まず相撲から。 昨日、豊昇龍にしてやられた尊富士だが、今日はそれを引きずらず若元春を圧倒した。 早ければ明日にでも優勝が決まる。 新入幕の優勝は110年振りとのこと。 それにしても、昨日の豊昇龍は、やはり勝負師だなあと思った。 一方の、大谷と水原…

やはり足元をすくわれた

大谷のことを書いたばかりで、そのうち足元をすくわれなければよいが、と思っていたのだが、想定外の速さと角度でそれは訪れた。 まさか、あの水原君が・・・・。 通訳はかなり適当で、大谷が言っていないことを言って見たり、逆もまたあった。 しかし、問題…

大谷フィーバーは食傷気味

ドジャーズ移籍、10年間1000億円、結婚発表、奥さん登場といいことづくめではあるが、新聞を開いても大谷の広告ばかりではちょっとさすがに食傷気味。 人生そんなに何もかも上手く行くわけではないから。愚かな人々はこぞってデコピンと同じ犬を求め、中…

スイッチインタビュー

先週放送された、平野啓一郎vsPecoの対談をNHK+で観た。 りゅうちぇるの自殺の状況、いきさつについては何も知らなかったが、なるほどと納得する部分とわからない部分が混在している(自分の中で)。 自分のセクシャルオリエンテーションによって離婚はし…

週末雑感といいたいが・・・

もう次の週末が近づいてしまった。 日曜の名古屋ウィメンズはなかなか感動。 名古屋ウィメンズの仕事をしたのは、もう8年前のこと。 そこから伊勢志摩サミットと仕事がつながっていったのだった。 安藤選手の走りは、大阪の前田選手の走りがあったからこそだ…

久々に感動した

といっても大した話ではないのだが。 今週はアニメ関係の大御所が二人も逝去され、アニメファンにはとてもつらい週末になったと思う。 さて、こちらは土曜の朝軽く走り、昼はいつものようにバーベキューと思ったが、ちょっと気温が上がらず断念。家族二人は…

原えりかプロの気づき

ネットのどこかでチラ見した情報なのだが、原えりかが「切り返しでグリップをほんの少し遠くに落とす」と言ったそうだ。 自分は、こういう断片の情報からヒントを得るタイプなので、さっそく庭でやってみた。 グリップを少し遠くにという感覚は、やはり「や…

2月読書ほか

2月に読んだものは、 2月 11.禅学への道/ 鈴木大拙 12.すばらしい医学/ 山本健人 13.大常識/ 百田尚樹 14.親密な手紙/ 大江健三郎 15.大江健三郎の「義」/ 尾崎真理子 16.神学でこんなにわかる「村上春樹」/ 佐藤優 17.まちがえる脳/…

ボクシング&マラソン

24(土)は、ボクシングのトリプル世界タイトルマッチ。日本人がすべて勝利。 圧巻だったのは、中谷潤人だろうか。まったく危なげのない、余裕のあるKOだった。 すでに井上尚弥との勝負という話も出ている。その尚弥の弟、拓真は、常に偉大な兄の陰に隠れ…

根拠なき熱狂!

アメリカのFRB議長だったアラン・グリーンスパンが当時(1999?)の米国株式市場のことを、「根拠なき熱狂」と称した。 さて、昨日日本は東証初、バブル期も含めて最高の39000円突破を果たした。昨日は号外も出て「企業の稼ぐ力が評価された」なん…

トーチストーリー10

とりあえずこの話も終わらせなければならない。と言っても大概のことは書いたような気がする。 長野では、伊藤みどりさんが点火するところまでは見届けたが、東京2020は、茨城ぐらいまででお役御免となったので、やや尻切れトンボ感があった。しかし、関…

マエストロ小澤

小澤征爾が亡くなったので、日曜の夜のEテレクラシックは、小澤さん特集だった。 2002年、つまり小澤さんが66歳ぐらいの時の、正月のウィーンフィル公演をやっていた。日本人としてあそこに立つのは最初で最後なのかもしれない。 印象に残ったのは、楽…

そうえいば・・

大物芸人の性暴力の件だが、20年前のことを思い出した。 当時中目黒の山手警察向かい側の欠陥マンションに住んでいた。18平米というあり得ない狭さで9万円払っていたが、壁が超狭く、隣の子の電話の声がまる聞こえだった。 そんなこともあり、あまり部屋…

うかつだった

ちょっと高をくくっていた。 安曇野ハーフマラソン定員まぢかといえども、6月だからまだ大丈夫だろうと高をくくっていたら、この連休中に大会サイトをのぞいたら、すでに定員到達。あちゃー。 でも仕方ない。本当に人気があるんだなあ。松本マラソンとちが…

新NISAの陥穽

今朝の日経で、新NISAの広告が6ページも展開されていた。その真ん中では岸田がにっこり微笑んだ写真があり、全銀協、日本証券協会の会長らの挨拶も載っていた。 これはもう、国ぐるみの陰謀の第何弾なのだろうか? 最近?では高血圧の大号令。もともと15…

久々横浜

月曜朝、安曇野を出発し、娘と二人で車で横浜に向かった。すでに雪はちらついていて、高速道路運転は半年ぶりだったので、100キロ程度でのんびりと進んだ。 八ヶ岳で小休止。そのあとはノンストップ。東名横浜町田インターからすぐに環状2号かと思ったら…

穴口選手死去!!

年末、おそらく井岡の防衛戦の前座で行われた、日本バンタム級堤チャンピオンVS穴口選手の試合はものすごい激闘だった。穴口選手は4回もダウンしながらも、チャンピオンを追いつめていた。判定はチャンプの防衛と上がった。ところが試合直後に穴口選手は病…

1月読書

1月 1.異能機関(上)/ スティーブン・キング 2.異能機関(下) 3.同志社大学神学部/ 佐藤優 4.経験を盗め 心と体の不思議編/ 糸井重里 5. サンデル教授の対話術/ マイケル・サンデル、小林正弥 6. 極限状態を刻む俳句/ 大関博美 7.新版・俳句歳時…